家事も育児も余地を残す

おはようございます。
LaLaDUALの手塚千聡です。

昨日のブログでご紹介した
「褒めるための仕組みづくり」。

ふと、ルンバの「ゴミいっぱい」サインが光っているのを見つけましたが、めんどくさくてそのままにしていたところ…

今朝になって、オットがみずからゴミを捨ててくれていました。

ウッカリ見落としそうでしたが、ギリギリセーフでお礼を言い、褒めることができました。

仕組みを仕込んだつもりではないのですが、
腑に落ちたことが。

「仕組みづくり」と気負いすぎなくても、自分でやり過ぎずに、余地を残すということも、ひとつの「褒めるための仕組み」かもしれません。

なにもかも先回りして、
自分でやってしまうのは、

夫や子どもがやれる余地、
褒めてもらったり感謝されたりする
チャンスを奪うことかも。

ふとそんなことを思いました。


今日も大阪は酷暑です。
日傘がないと乗り切れません!

LaLaDUAL

ララデュアル 大阪天王寺発 共働き家庭の暮らしと収納の仕組みづくり、お片づけをサポート。

0コメント

  • 1000 / 1000