溜まってしまった日用品、どうしてますか?

「不機嫌にならない暮らし」にご訪問ありがとうございます。 
家の中でも共働き!を応援する、LaLaDUALの手塚千聡です。

相談会のお客様から、粗品でもらう、普段使わないサイズのラップ類が溜まってしまって…というお悩みを伺いました。

おすすめしたのは、“ひとまず、いつものサイズの新しいラップを買うのをやめること”。
そして、“溜まっているものをじゃんじゃん使うこと”。

もちろん答えはケースバイケースです。

お客様の場合は、「ラップを日常的に使っていて」、そして「まとめて一気に使う機会もなさそう」で、でも使わないからと「真新しいものを捨てるのももったいない」し、かといって「溜まったラップをみるとプチストレスを感じる」という状況でした。

ラップのサイズが違うと、不便なこともあるかもしれませんが、言うまでもなく使えます(笑)

たとえ小さいサイズのラップを、幅が足りないからとダブル使いしても、捨てたり、使わずに取っておいたりするより、有効活用できている気がしませんか?

品質が悪くて使い心地が悪いなら、その時処分したって納得できるはず!

せっかくいただいてラッキー!というものなら、ぜひ普段使いの代わりに使って、実際のお財布にもお得なように使っていきましょう!

わが家では、お土産で塩を頂いたらいつもの塩を買うのをやめて早速使い、来客時のお酒が余ったら料理酒代わりに使い切ってしまいます。

そんなわけで、消耗品や食品が溜まるということがあまりありません。


ところが…、えらそうなことを言っておきながら、最近あるものが溜まっています。

洗面台の鏡裏収納を陣取ってしまったのが…、


こちら、“おしりふき”です。

娘のオムツ卒業が近かったのに、amazon定期便の解約忘れで、箱買いしてしまったものです(涙)

というわけで、無事オムツ卒業となった今、ウェットティッシュの購入をしばらくお休みして、せっせとおしりふきを使っているんです。


1人目を産んだばかりの頃は、おしりふきをウェットティッシュがわりに使う夫に、キーッとなっていたものですが、今では全く平気(笑)


みなさんのお宅にも、もし何か溜まったものがおありなら、「今使ってるものの代わりに使えないか?」という目線で一度見てみてくださいね。

うまく使い回せたときは、発明家にでもなったような気分で、嬉しくなってしまうと思いますよ。

LaLaDUAL

ララデュアル 大阪天王寺発 共働き家庭の暮らしと収納の仕組みづくり、お片づけをサポート。

0コメント

  • 1000 / 1000